債務整理は民事再生からスタート

債務整理における民事再生

債務整理には、自己破産、個人破産、任意整理、民事再生が大きく分けてあるようです。民事再生とは、調べたところでは借金を5000万を超えない範囲で裁判所で減額してもらうそうな。逆に聞きたいが、個人で5000万も借金出来る(返済能力ありと認められる、貸し付けして貰った場合)なら、借金なんかしないんじゃないの?と思ってしまった。話は戻って、民事再生には2通りある様で、小規模再生と給与者再生とがある。前者は、サラリーマン以外でもOKらしく、後者はサラリーマンしかダメみたい。ただ、小規模再生の方が減額幅が大きく、給与者再生の方が小さいらしい。違いとしては、小規模再生は債権者(貸付側)の同意がないと認められないが、給与者再生は裁判所でOK貰えれば同意は要らない。ただ、ギャンブルなどで使用した借金や返済能力を超えた貸付については、裁判所は認めてくれないんだって。一長一短あるってかんじかな?民事再生についての大まかなところはこんなとこだと思います。

他の債務整理と比較してみると、自己破産では車などは売ってしまわないといけないが、民事再生では、所有も認められるよう。任意整理よりも減額幅が大きく、3年?5年で返済ようだ。ただ、任意整理は司法書士、弁護士にお願いするだけなのに対して、自己破産、民事再生は裁判所にも行かなきゃいけないんだって。どの方法が自分にあってるかは、やっぱり専門家に聞くのが一番なんじゃないかな?
注目情報

Copyright (C)2019債務整理は民事再生からスタート.All rights reserved.