債務整理は民事再生からスタート

民事再生は再建力を判断基準にマイホームが残せる債務整理です。

借金を返済することができなくなった時、いくつかの債務整理がある中で住宅などの財産を残したままで借入金自体を整理できるのが民事再生です。これは企業の再生法でよく活用される債務整理ですが、個人の場合でも可能です。個人の財産の中で一番大きな額を占めるのが住宅です。住宅を担保に入れている場合は債権者との話し合いが必要になり、場合によっては手放すことにもなります。個人のケースで民事再生は消費者金融やクレジット会社などの借金の債務減額を目指すものになります。利用にあたっては将来にわたり安定した収入があること、住宅ローン以外で5000万円以下の債務であることが条件になります。債務5000万ン以下は個人の場合ではほとんどみられないケースなので、この条件はクリアできる範囲です。

民事再生を大きく分けると再建型と清算型がありますが、マイホームを残せるのは再建型です。清算型では財産を処分する必要も出てくるので、この中にマイホームが含まれることもあります。再建型は再生の見込みがあるかどうかが判断基準になるので、再生計画次第では清算型を選択するケースも出てきます。これは企業の再生法と同じです。しかし、住宅ローンの支払いとキャッシングの返済を多重で返していくのは相当な負担で、困難も伴います。まだ再生の余力があるうち、言えば借金が少額のケースであるうちが民事再生の選択時期です。民事再生は手続きに時間が掛かりますが、念願のマイホームを手放さずに済むのであれば、少し時間が掛かっても再生の道を選ぶことはおすすめします。

Copyright (C)2019債務整理は民事再生からスタート.All rights reserved.