債務整理は民事再生からスタート

民事再生という債務整理について

債務整理の民事再生について説明します。債務整理というのはやむを得ず借金を返済することが不可能な状況になってしまった債務者の借金を整理することで、債務者を助ける目的のものです。その中でも民事再生というのは、借金の金額を減額して債務者の返済が楽になるように手続きする方法になります。民事再生は裁判所に申し立てをすることで手続きが始まります。民事再生による債務整理では、借金の金額を5分の1までに減らした上で無金利で返済すれば良いことになります。ただし、3年以内に返済を済ますという条件もつきます。借金を5分の1にまで減らせるのは大きなメリットでもあります。また、自己破産のように家や車を手放さなければならないといったデメリットもありません。

自己破産ですと財産を失ってしまいますが、家や車を残したいという場合には民事再生は強い味方になります。ただし、自己破産が借金全額帳消しになるのに対し、民事再生は借金を返済する義務は残っていますから、条件としてはある程度の収入が見込める人でなければ対象になりません。民事再生は自分で裁判所に申し立てをすることもできますが、弁護士を通して手続きをするのがおすすめです。貸金業法により、弁護士に民事再生の依頼をすると債権者は債務者への取り立てをやめなくてはならないからです。民事再生の手続きがまだ進行中の時点でも、うっとおしい取り立てが一切なくなりますので債務者によっては精神的な安楽が得られるメリットがあります。

Copyright (C)2019債務整理は民事再生からスタート.All rights reserved.